1. HOME
  2. nl/minato
  3. nl/minato_ジェンダー「Personal is Political -私の生き方、社会の在り方-」
nl/minato

nl/minato_ジェンダー「Personal is Political -私の生き方、社会の在り方-」

2017年7月29日(土)にnl/minatoのプログラムとしてジェンダーをテーマとしたイベント「Personal is Political −私の生き方、社会の在り方−」を開催しました。

私自身、今まで「男らしさ」「女らしさ」といった表象の問題としてジェンダーや性のあり方を意識することはあっても、実際の困難や生き辛さが経済や政治的な問題とどのように結びついているのかを知る機会が、あまりありませんでした。そのためにモヤモヤとした違和感だけが宙に浮いているような気がしていました。今回のイベントでは、タイトルに”Personal is Political”という言葉を入れていますが、身近な生き辛さや個人的な経験をもとにしながらも、その背景にある社会に想いを馳せ、学びを深めたいという思いがありました。企画監修・ファシリテーターとして須川咲子さん、ゲストとして堅田香緒里さん、オランダからはサビーネ・ジンブレールさんを招聘し、多角的な視点でジェンダーを考える機会となったように思います。

私たちの背後にある、見えざるジェンダー・ギャップ

プログラムの最初に、nl/minatoのインターンによる事前リサーチをハンドアウトをもとに会場の皆さんと共有しました。ジェンダーを考えるにあたって頻出する基本的な用語を整理するとともに、自身がかけられた言葉や見聞きしたことのある経験を例に挙げながら、ジェンダーに固定化された役割や表象の問題を挙げていきました。

発表に参加したインターンの近藤大起さんは、職場での統計を主にリサーチした結果から、入社の段階で決められるコース別人事(総合職や一般職など)での差が、その後のキャリア形成や賃金の差に大きく影響していることや、産休・育休の取得状況が職場の環境や理解に左右されると指摘しました。さらに統計をみていくと、非正規雇用者の中でも約7割が女性であるということ、世帯種類別貧困率は母子世帯は約60%、単身女性約45%と非常に高いことが分かります。現代における女性の立場が、男性に比べ経済的に厳しい状況にあることを数字を改めて見ることで、その深刻さがより浮き彫りになりました。

ハンドアウトをもとに、職場環境についてのリサーチを発表するインターンの近藤大起さん

発表を踏まえて、ジェンダーにおける問題が経済的・政治的な条件と繋がっているのではないかということに意識を向けながら、参加者にも日頃感じている違和感や不条理をポストイットに書いてもらいました。