1. HOME
  2. nl/minato
  3. nl/minato_LGBT「ダイアローグ・オン・カミングアウト」
nl/minato

nl/minato_LGBT「ダイアローグ・オン・カミングアウト」

LGBTを考える ~レインボーの発信~

BY 大角奈央

2017年3月11日にnl/minatoのプログラムの一環として「ダイアローグ・オン・カミングアウト」がSHIBAURA HOUSEにて開催されました。今回のイベントはnl/minatoのテーマである「LGBT」「ジェンダー」「メディア」のうち「LGBT」に関して、オランダのLGBT団体COC Netherlands の代表であるクン・ファンデイク氏を招聘し、オランダと日本を比較しつつ、現代社会におけるLGBTの人々を取り巻く問題を「カミングアウト」という切り口で考える対談をメインに据えたもの。70を超える来場者の中には静岡県や沖縄県(!)からわざわざ足を運んでくださった方もいて、イベントへの期待度が高いことがうかがえます。

LGBTの基礎知識と日本の現状

イベントはnl/minatoに参加するインターンの発表でスタート。あらかじめ3つのグループに分かれて各々のテーマでLGBTに関する調査を進めてきました。最初のチームは「性のあり方を考える上での基本情報とLGBTの基礎知識」をスライド形式で発表。LGBTがそれぞれ何の頭文字なのか、彼らはどのような個性を持つのかという基本をわかりやすく図にして説明します。ここ50年の歴史やGoogleトレンドといった広い視点からLGBTというトピックを捉えた発表で、性的マイノリティというトピックが身近ではない私にとっても、導入としてわかりやすいものでした。

LGBTについての基本的な説明をするインターンチーム1の近藤大起さん

次のチームは日本の現状について「法」や「学校・会社」をクローズアップ。結婚、住まい、仕事など、どんな場面でも私たちの生活は様々な法律で守られているという例を挙げ「ではそれらの法律はLGBTも考慮したものになっているか?」と問いかけます。渋谷区の同性パートナーシップ条例など性的マイノリティについて考慮した行政の取り組みが進むなど、状況の改善はされつつあるも、一方で限界や弊害があると指摘し、法律だけでは解決できないと主張しました。続いて学校環境に関しては、いくつかの統計を用いて発表しました。LGBTについて授業に取り入れた経験があるかという教員を対象とした調査では、なしという回答が77.5%(*1)、LGBTをネタ・冗談にしている場面を見たことがあるかには609名のうちYESが84%(*2)。性的マイノリティに関する教育がほぼなされていないどころか、周りにカミングアウトしづらい環境であることを示しました。職場においては、性的指向や性自認に関わる差別を禁止する社内規定の制定や、LGBT関連の研修セミナーなどの開催などもあるけれど、そのような取り組みは少なく、やはり“女(男)だから”“自分の職場に同性愛者がいたら嫌だ”という声はいまだなくならないと述べ、改善の兆しはあるけれど、制度はまだ整っておらずいじめやセクハラの問題があるためにカミングアウトしづらい、とまとめました。

*1 平成27年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策政策研究事業
教員5,979人のLGBT意識調査レポート
*2 いのちリスペクト。ホワイトキャンペーン アンケート(2013年)

カミングアウトをめぐる「私」と「社会」

続いてのプログラムは、クンさんとnl/minato_ LGBTの活動にアドバイサーとして参加して頂いている中島潤さんとの対談part1でした。
私の印象に残ったのは75%という数字。これはゲイ・レズビアンの人が職場など社会に対してカミングアウトしている割合を表しています。75%と聞くとかなりの人がカミングアウトしているように思いますが、オランダという開かれた社会を持つ国でさえ、25%の人が打ち明けられないでいるのです。75%に属する人も、カミングアウトはとても勇気のいることであるし、必ずしも周囲の人に簡単に受け入れてもらえるとは限らないので一筋縄ではいかないという話もありました。場合によって自分の性の話は個人的なものだからと隠すより、周りの人に打ち明けた方がより良い生活を送ることができます。例えば仕事をするうえでは、隠し立てしていることがないほうが周りの信頼を得られやすく、ベストパフォーマンスをすることができるし、もしカミングアウトしていなかったら、週末の出来事を同僚に尋ねられた時やパートナーの病院の付き添いで仕事を休む時には話を作らなければならないのです。そのことをクンさんは「代償を伴う」と表現しました。

社会へのカミングアウトについて話すクンさん(中央)と中島さん

あえて選んだであろう「代償」という言葉はかなり強烈でしたが、シスジェンダー・ヘテロセクシュアルの子どもたちに比べてLGBの子の自殺率が5倍だということ、トランスジェンダーはもっといじめの対象となり常に命の危機と隣り合わせだという現状を聞くとその言葉がチョイスされたのも頷けます。中島さんが「オランダと比べると日本はまだまだカミングアウトできない環境である」と発言すると、クンさんはオランダの状況にもまだ解決すべき問題が山積していることを教えてくれました。

また、実際にCOCとして学校を変えていこうという働きかけの事例紹介してくださいました。「最初はトップダウンで物事を進めていこうとしたが、そもそも学校長が性的マイノリティを嫌悪していたり、オランダは寛容な国だからこれ以上変えなくてもいいという考えからなかなかに難航していたが、発想を変えて子どもたちに働きかけてパープルフライデーというキャンペーン(LGBT当事者である子どもたちを主体として、周りの生徒にLGBTそのものの認識を広める運動)としてやらせると、性的マイノリティの声は次第に大きくなり、今までいじめる側だった子どもが参加するようになった」とのことです。このように、理解しろという上からの押し付けではなく、一緒に学んで意識を変えていこうという取り組みはまさにnl/minatoがやろうとしていることであり、非常に有効な手段であると感じました。