1. HOME
  2. スタッフのブログ
  3. SHIBAURA HOUSEスタッフ
  4. 映画を通して考える、自分と異なる他者との向き合い方
SHIBAURA HOUSEスタッフ

映画を通して考える、自分と異なる他者との向き合い方

 12月10日は世界人権デー。人権をテーマとした映画をセレクションして各国へ提供しているオランダ・ハーグ発の映画祭 Movies that Matterの一環で、『海に向かうローラ』上映&ダイアログセッションを行いました。SHIBAURA HOUSEと渋谷にあるシアター・イメージフォーラム、オンラインでの実施。

 『海に向かうローラ(原題:Lola vers la Mer)』は、トランスジェンダーの少女ローラとその父親フィリップを描いたロードムービーです。ぶつかり合うばかりのフィリップとローラですが、母の死や道中での人々との出会いを経て、ゆっくりと関係を再構築していくふたり。お互いを想う反面、’相手を完全には受け入れられない’ という葛藤に対してどう向き合えば良いか、映画を通して問われているように感じます。

 ダイアログセッションの時間では、映画の感想と2人の未来がどうなっていくか、想像したことを共有しました。また、「違うこと」や「分かりあえなさ」についても考えてみました。自分とは違う他者とどう向き合うか。分かりあえなさと出会った時、自分はどうありたいか。自身の経験をもとに、今後のために活かせそうなヒントを話し合いました。

SHIBAURA HOUSEでのイベントの様子

 SHIBAURA HOUSE現地では久しぶりのイベント。生身の人同士が対面して話をする際に感じる、エネルギーの強さも改めて感じました。最後に他の人にもシェアしたいキーワードを付箋に書いてホワイトボードに貼っていきました。個人的に印象に残ったのは、「(どうして)目に見えないことが多いのに目に見えることしか信じないのだろう」という付箋。映画の中のテーマにも、日常に立ち返ったときにも共通する問いであり言葉だなと感じました。

 オンラインでのダイアログセッションでは、より深く話ができたように思います。今回みなさんと考えた問いには正解があるわけではありませんが、「異なる」ことへ歩みより続けること、諦めないことも大切だと感じました。

オンラインのセッションでの様子
ダイアログセッションで出てきたキーワードやヒントを、他の人とシェアしました

 実は今回の日本語字幕は今回のこのイベントのために制作したもの。参加者の方からは、良い映画だったのでもっと広まってほしい!という声も。トランスジェンダーを題材にした映画も日本で見れるものは数少ないので、今回のような機会も増やしていけたらと思います。

シアター・イメージフォーラム でのトークセッションの様子