1. HOME
  2. スタッフのブログ
  3. SHIBAURA HOUSEスタッフ
  4. 私たちが考える「コミュニティ」とは
SHIBAURA HOUSEスタッフ

私たちが考える「コミュニティ」とは

 SHIBAURA HOUSEは、いまの社会にとって必要なコミュニティを作っていくことをテーマに活動しています。しかし、一言で「コミュニティ」といっても、さまざまな形や捉え方があります。ここでは私たちの考えについてお伝えします。

尊重し、支え合う関係性の連続

 誰かと誰かがお互いのことを知り、理解し、助け合う。ときには悩みを相談したり、新しい可能性を一緒に探っていく。そのような状況が、集合的かつ持続的に保たれる関係性を「コミュニティ」と考えています(私たちの場合、そこに何かしら営利的、政治的、宗教的な目的を加えることは避けています)

 もちろん、そのなかにも関係性のバリエーションや濃淡は存在します。SHIBAURA HOUSEを例にすれば、近隣に住んでいたり、働いている人たちで形成される日常的なコミュニティ。何らかの文化事業に共に携わる、国内外の関係する人たちとのコミュニティ。実際にはそれらがさらに枝分かれして、数人単位、さらには一対一の個人で構成されることになります。それぞれに異なる雰囲気がありますが、等しく共通する価値観を持ち合わせているようにも感じます。

 私たちが大切だと思っているのは、どちらか一方が従うようなものではなく、お互いが「対等」に支え合えること。そのために必要なのは、相手を尊重する気持ちや、フラットでオープンなコミュニケーションのありかたです。それが連続的に重なっていくことで、心地よいコミュニティ形成につながると考えています。いきなり大きなものを作ろうとするのではなく、小さなことを大切に繰り返していくことが何よりも求められるのです。