SHIBAURA HOUSE -
News Free Space Availability

News

News Knit Cafe, Connecting to the World

News

News Cultural Programmes in 2022

News

Thinking about the future of the waterfront area with the city of Amsterdam vol.1

お知らせ

地域を見つめ直す、、新しいまちづくりへのアプローチ

◎リサーチの中間報告を展示します SHIBAURA HOUSEのスタッフが春から準備を進めてきた「nl/minato」。私たちが拠点を置く港区を対象に、ドーナツエコノミー(Doughnut Economics)という新しい概念でリサーチ。まちの現状を、環境と人の暮らしの両面で考え、改善に向けて実践していくプロジェクトです。10/26からは中間報告として、これまでのリサーチ結果をまとめた空間展示を行います。 ◎世界で注目される新しい経済学とは? 「限られた地球の資源のなかで、あらゆる人々が幸せに暮らすには? 」 英国の経済学者、ケイト・ラワース氏が提唱するドーナツエコノミーは、人類が抱える切実な課題に向き合い、その解決策を見出そうとするものです。 これ以上地球に負荷をかけてはならないという〈環境的な上限〉と、人々が安全かつ幸福に暮らしていくための最低限のライン=〈社会的基盤の下限〉。このふたつの上限と下限の間をドーナツの食べられる部分と見なし、その範囲で社会を回していこうとする考え方です。 ドーナツの外側にあたる環境的な上限としては「大気汚染」「気候変動」「生物多様性」といったトピックが並びます。それぞれの限界値を超過すると、⇒が外にはみ出すように表現されます。反対にドーナツの内側には社会的基盤として「健康」「教育」「所得と仕事」などが設定。実態として下回る評価になると内側にはみ出します。つまり地球環境と人々の暮らしを適切なバランスを取ることを提唱するのがドーナツエコノミーです。 仮に現在のような消費型社会が続くと、地球環境への負荷は高まり、ドーナツにおける〈環境的な上限〉は超過します。一方、人々の健康的な生活が阻害されたり、格差が拡大していくと〈社会的基盤〉が不足する事態になります。 ◎まちの課題を可視化する展示がスタート いまドーナツエコノミーへの注目度は次第に高まっています。すでにアムステルダム市(オランダ)ではその理論を都市計画に採用。さらにブリュッセル(ベルギー)やメルボルン(オーストラリア)など、世界のいくつかの都市で新たな動きが始まっています。 今回、私たちはドーナツエコノミーによる都市の分析手法を港区を対象に実践しました。SHIBAURA HOUSEのスタッフがドーナツエコノミーを推進する海外の組織とコンタクトを取りながら分析の方法論を吸収。それを活かして地域の人たちへのヒアリングや情報収集を行いました。今後は具体的なアクションプランの策定に移行しますが、今回はこれまで行ってきたことを中間報告として展示します。 普段、自分が暮らしている地域を新しい視点で捉え直すと、新しい課題や解決方法への道筋がたくさん見えてきます。たとえ港区に関わっていなくても、まちづくりの新しい手法にご興味のある方もぜひいらしてください。 nl/minatoについてはnl localサイト内で紹介しています。https://nllocal.net/ 『シティポートレート – 地域をアップデートする16の問い-』 会期: 2022 9.26(月) – 10.8(土)開館時間: 11:00-18:00会場: SHIBAURA HOUSE入場料: 無料

お知らせ

トークセッション『TALK with 品川 R-ichiri』

港区は、地理的にも歴史的にも各地域によって様々な背景を持っています。nl/minatoのヒアリングリサーチにおいても、横の繋がりが比較的活発な麻布周辺やオフィス街の芝浦周辺など地域の特徴によってコミュニティのあり方が異なることを実感しました。 今回「旅するうなぎのねどこ」が主催する『TALK with 品川 R-ichiri』は、各地域でコミュニティ活動をしている4名のゲストによるリレートークセッション。 それぞれの活動に対する思いや経験をお互いに共有することで、社会課題の解決の糸口になったり、次の世代の学びや活動につながります。また、この街での暮らしを好きになるきっかけとなれば嬉しいです。 【話し手】 ・齋藤敦子(さいとう あつこ) コクヨ株式会社 働き方と場のアドバイザー。品川港南口の企業に勤務し、異なる個人が共創する場づくりとそのベースにある働き方、学び方の研究とコンサルを行っています。社会共創をライフワークとし、多様性を育むまちをどうコ・デザインしていくのかに取組んでいます。 ・忠鉢和則(ちゅうばち かずのり) NPO 法人 なぎさの会。品川区在住27 年 子どもの成長をきっかけに地域の活動に参加する。小学校の父親の会から始まり、町会、地域団体の行事に関わってきた。ライフワークとして「子ども達のふるさと創り」をテーマに活動中です。生業は、IT 系コンサルティングからイベント企画などを行るシステム会社(株式会社ワッツアップ)代表取締役 ・松岡久美子(まつおか くみこ) 一般社団法人エリアマネジメントTENNNOZ。2014年に天王洲アイルのまちづくり会社へ携わり、情報発信や公開空地に賑わいをもたらすイベントを誘致・企画し活性化を図ってきました。今後は公共空間の問題から解決、そして自立できるエリアとなるよう仕組みを作っていきたい。自主的に天王洲で暮らし向上のためのマルシェなども主宰しています。生業は、天王洲リテールマネジメント株式会社 代表取締役。 ・伊東勝 (いとう まさる) SHIBAURA HOUSE代表取締役。2011 年、父親から引き継いだ製版会社の社屋を建て替え、SHIBAURA HOUSE としてリニューアル。建築家の妹島和世さんによってデザインされた社屋の一部を開放し、地域に暮らす人達のコミュニティスペースとしても運営しています。 【ファシリテーター】 ・田邊寛子(たなべ ひろこ) 旅するうなぎのねどこ 主宰。品川宿を中心に、幸せの源である「自己実現」と「人とのつながり」づくりを趣味と知的好奇心をベースに育くむ活動をしています。自分の故郷品川区で心地よい暮らしを創るのがモチベーションです。生業は、まちを磨く景観デザイン・建築系のまちづくりコンサル(T.C.G.Co. , Ltd.まちひとこと総合計画室)取締役。 【詳細】 ◯日時 : 2022年10月4日(火)18:00〜21:00 ◯場所 : SHIBAURA HOUSE 5F ◯参加費 : 1,500円 ◯定員 : 20名 ◯参加方法 : https://peatix.com/event/3364640/view 【旅するうなぎのねどこ】 2015年に旧東海道品川宿の築100 年の古民家を活用して始まったシェアスペースうなぎのねどこは、再開発のため2020 年 に新しい形に変化し、街と人をつなぐ学びのプラットフォームとして、品川宿を中心に学びの場を提供しています。 fasebook : https://www.facebook.com/unaginonedoco/ *こちらは、フレンドシッププログラムの一環のワークショップです。

お知らせ

来週のフリースペース情報

(9/16 10:00更新) みなさん、こんにちは。来週の1F、2Fのフリースペース情報です! 1Fの外で育てているバナナの木に実がなり、最近は密かにフォトスポットになっています。 ぜひ、バナナの様子も見にいらしてくださいね。 1Fの喫茶ではお茶やコーヒーもご用意しています! 9/19(月) 1F 2F CLOSE9/20(火) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00) 9/21(水) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)9/22(木) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)9/23(金) 1F 2F CLOSE *レンタルや撮影により、急遽休館の場合がありますので、ご了承ください。*お問い合わせはinfo@shibaurahouse.jpまで。

お知らせ

地球環境について考えながら「手ごね石けんとバスソルト作り」

10月2日(日)に開催する一般社団法人LGBT-JAPANの「手ごね石けんとバスソルト作り」のご案内です。こちらは、フレンドシッププログラムの一環のワークショップです。 【どんなワークショップ?】 主催者は、一般社団法人LGBT-JAPANの代表理事で生物学的には女性として生まれるが、自身を男性として認識しているトランスジェンダーの田附さん。今回は、手ごね石けんを作りながら、地球環境やジェンダーについてみんなで考えていくワークショップです。SHIBAURA HOUSEのスタッフの元行が以前、彼らが主催するゴミ拾いに参加。石けんの試作を頂いたことがありますが、「とても良い香りで癒された」と絶賛していました。 ワークショップ内では、多様なジェンダーやセクシュアリティの方とお話をすることで、学校とは異なる学びの機会を作ります。そこでの学びは多様な生き方&自分らしい生き方のヒントになるかもしれません。お子様も安心して使用できるラベンダーを精油には使用するので、親子で楽しい時間を過ごして頂けます。 石けんとバスソルトづくりのあとは、開催場所のSHIBAURA HOUSE近隣のごみ拾い体験を実施し、参加した方々同士が交流する時間もあります。 【こんな人におすすめ】 ・お子様と一緒に時間を過ごしたい方 ・もっと多様な価値観や生き方を考える機会が欲しい方 ・地球環境とジェンダーという一見離れていそうなトピックを同時に学んでいくことに新たな可能性を感じる方 【詳細】 ◯日程 2022年10月2日(日) 10:00~13:00 ◯場所 SHIBAURA HOUSE 3F ◯参加費 1セット1,500円 ◯定員 10名 ◯参加方法 info@lgbt-jp.comまで、上記入力の上、ご連絡ください。 「10/2の申し込み」とタイトルにご記入ください。 お名前 希望組数 人数(お子様もいらっしゃる場合は、人数内訳もお伝えください。例:)大人3名、お子様3名など) ご連絡先(メールアドレス、またはお電話番号) その他、お伝えしたいこと 【プロフィール】 一般社団法人LGBT-JAPAN 代表理事 : 田附 亮さん 社会とLGBTsの架け橋になり、LGBTsは多様な人々の中のほんの一部でしかないというフラットな姿勢、そして持ち前の明るさで「何でも聞きやく話しやすい」とLGBTsだけでなく様々な人から研修等に定評がある。 主にLGBTs/ハラスメント研修、社内相談窓口など。NHKクローズアップ現代、AbemaTVなどに出演。生物学的には女性で生まれるが自身を男性として認識しているトランスジェンダー男性。2006年にホルモン治療を開始して男性化し、2009年に乳腺乳房摘出手術、戸籍上の名前を『亮子』から『亮』に変更。LGBTs自らも社会の一員になる姿勢を重要視し、社会へお願いするだけではなくお互いが歩み寄る事が大切であるということを理念に活動。

お知らせ

今週のフリースペース情報

(9/5 11:00更新) みなさん、こんにちは。今週の1F、2Fのフリースペース情報です。☺︎ 1Fの喫茶ではお茶やコーヒーもご用意しています!バナナの木の様子も見にきてくださいね(笑) 9/12(月) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)9/13(火) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00) 9/14(水) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)9/15(木) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)9/16(金) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00) *レンタルや撮影により、急遽休館の場合がありますので、ご了承ください。*お問い合わせはinfo@shibaurahouse.jpまで。

お知らせ

今週のフリースペース情報

(9/5 11:00更新) みなさん、こんにちは。今週の1F、2Fのフリースペース情報です。まだ残暑が続くようなので、ゆっくり休憩しにきてくださいね。 1Fの喫茶ではお茶やコーヒーもご用意しています! 9/5(月) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)9/6(火) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00) 9/7(水) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)9/8(木) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)9/9(金) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00) *レンタルや撮影により、急遽休館の場合がありますので、ご了承ください。*お問い合わせはinfo@shibaurahouse.jpまで。

お知らせ

畑、流しそうめん、ゆずこしょう

農家さんと共に、青梅の野菜を満喫する一日。 みなさん、こんにちは!来週末(9/10)、青梅で開催するイベントのお知らせです。今回はCSA(野菜の定期購入)に参加している清水農園とlala farm tableがホストになって、青梅の野菜をたっぷり味わえる体験プログラムをご提供します。 まず午前中は畑での収穫体験でスタート。その後は青梅野菜の薬味を加えた流しそうめんでお腹を満たします。午後は収穫したばかりのハーブや野菜を使って、ちょっとした料理教室を開催。ハーブの上手な使い方を学んだり、オリジナルのゆずこしょうを作ります。 ▲写真上: 清水ご夫妻(清水農園)写真下: 青梅のみなさんが自作してくれた流しそうめん ご参加はお一人でもご家族でも。朝から夕方までたっぷり楽しめます! なお今回のプログラムはCSAのメンバーだけでなく、どなたでも参加できます。ぜひお気軽に青梅までいらしてください。 ◎当日の予定(9/10) 10:00 JR青梅線・小作駅集合(車で畑までお送りします。東口のセブンイレブン前でお待ちください)11:00 清水農園の畑を見学12:00 lala farm table の奥薗さんの畑でハーブを少しだけ収穫13:00 奥園さんのハーブを生かした料理づくり *114:00 お昼ごはん(流しそうめん)15:00 清水農園の唐辛子を使ったゆずこしょうづくり *216:00 農家さんによるプレゼンテーション16:30 解散 *1「奥薗さんのハーブを生かした料理づくり」ハーブや西洋野菜の彩りのきれいな奥園さんの畑。なかなかお店では手に取ることの少ないハーブをCSAで届けてくれています。香りが心地よくて飾りたくなるけれど、料理にはどう使ったらいいんだろう。そんなお悩みに、手軽に1品用意のできるメニューをお教えいたします! – 奥薗和子 (lala farm table) *2「清水農園の唐辛子を使ったゆずこしょうづくり」小さな畑で収入を確保するには年密な栽培計画が必要。それでも生の状態では、保存が効かず売れなければ廃棄されてしまう・・今回は、ハラペーニョ・八房とうがらし・黄とうがらしといった色々な唐辛子を使用して他にはない柚子胡椒を作ります!青果の状態より保存の効く上に付加価値がつけられる!他には無い、唯一のオリジナル胡椒づくりに挑戦します! – 清水 寛久・麻衣子 (清水農園) ▲青梅の農家さんたちをご紹介する動画です。奥薗さんと清水さんも登場しています! ◎参加費とお申込みについて CSA会員の方: おとな 1,500円  こども(中学生以下) 無料一般の方:おとな 2,500円  こども(中学生以下) 無料*いずれも昼食代込み/少雨でも開催します お申し込みは下記のpeatixからお願いします。http://ptix.at/5CWDBO

お知らせ

上映会 + ディスカッション 『東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート』

都市に潜む、見えないけれど大きな課題。 最近、急速な再開発によって都市の姿が塗り替えられている東京都港区海岸エリア。私たちが「nl/minato」の一環として、地域の人々にヒアリングしてまとめたシティ・ポートレートには、地域コミュニティの欠落や個人の孤独化が大きな課題として浮かび上がりました。開発が進む都市部においては住民同士の繋がりは薄く、結果として個と社会の距離がますます拡がっているように感じられます。また、そうした課題は他人と共有されることも少なく、当事者の心のなかで「内部的」に処理されてしまいがちです。 青山真也監督によるドキュメンタリー映画『東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート』は、国立競技場の解体・建設に伴い、隣接する都営住宅の人々が強制退去されるまでを記録した映画です。映画は新宿区が舞台ですが、地域は異なっても、開発によって地域コミュニティの変容する様には共通するものがあるように思います。 今回、SHIBAURA HOUSEでは「nl/minato」のフレンドシップ・プログラムとして、『東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート』の青山真也監督を迎えた上映会 + ディスカッションを開催します。地域の再開発によって何が生まれ、何が失われていくのか。その状況に私たちはどう向き合えばよいのか。映画を通して、参加者と共に掘り下げていきます。 [イントロダクション]明治神宮外苑にある国立競技場に隣接した都営霞ヶ丘アパートは、10棟からなる公営住宅。1964年のオリンピック開発の一環で建てられ、東京2020オリンピックに伴う再開発により2016年から2017年にかけて取り壊された。本ドキュメンタリーは、オリンピックに翻弄されたアパートの住民と、五輪によって繰り返される排除の歴史を追った。平均年齢が65歳以上の高齢者団地であるこの住宅には、パートナーに先立たれて単身で暮らす人や身体障害を持つ人など様々な人たちが生活していた。団地内には小さな商店があり、足の悪い住民の部屋まで食料を届けるなど、何十年ものあいだ助け合いながら共生してきたコミュニティであったが、2012年7月、このアパートに東京都から一方的な移転の通達が来た。2014年から2017年の住民たちを追った本作では、五輪ファーストの政策によって奪われた住民たちの慎ましい生活の様子や団地のコミュニティの有り様が収められている。また住民有志による東京都や五輪担当大臣への要望書提出、記者会見の様子も記録されている。監督・撮影・編集は、本作が劇場作品初監督となる青山真也。音楽は、2013年「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞を受賞した大友良英が務めた。 [あらすじ]都営霞ヶ丘アパートは1964年のオリンピック開発の一環で建てられた。国立競技場に隣接し、住民の平均年齢65歳以上の高齢者団地であった。単身で暮らす者が多く、住民同士で支えあいながら生活していたが、2012年7月、東京都から「移転のお願い」が届く。2020東京オリンピックの開催、そして国立競技場の建て替えにより、移転を強いられた公営住宅の2014年から2017年の記録。 [監督・撮影・編集]青山真也 | Shinya Aoyama日本生まれ、東京在住。映画監督。ドキュメンタリー映像作家。自作以外にも田中功起監督の『可傷的な歴史(ロードムービー)』や小杉大介監督の『A False Weight』などの撮影監督を務めるなど、美術作家による映像作品やドキュメンタリー映画に多く携わるとともに、美術展示やパフォーマンスの映像記録も多数関わる。 『東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート』公式サイト https://tokyo2017film.com/日時: 2022. 9.28(水)時間: 19:00-21:00(上映80分+ディスカッション40分)参加費: 一般 1,200円  学生 800円会場: SHIBAURA HOUSE 5F *チケット購入は下記のサイトからhttp://ptix.at/Ljnnsk *本イベントは、「nl/minato」のフレンドシップ・プログラムの一環として開催いたします。

お知らせ

今週のフリースペース情報

(8/22 11:00更新) みなさん、こんにちは。今週の1F、2Fのフリースペース情報です。1Fでは喫茶もやっていますので、ひと休憩でお茶やコーヒーもぜひご利用くださいね! 8/22(月) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)8/23(火) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00) ※フリースペースの営業のみになります。8/24(水) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)8/25(木) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00)8/26(金) 1F OPEN(11:00-16:00)、2F OPEN(11:00-16:00) *レンタルや撮影により、急遽休館の場合がありますので、ご了承ください。*お問い合わせはinfo@shibaurahouse.jpまで。